『こいて』とは ...

加茂川に鯉のぼりを泳がせる会を応援するための加茂川鯉のぼりオリジナルグッズ販売店『こいて』です。 今や新潟県を代表する春の風物詩である加茂川に泳ぐ鯉のぼりは、1989年よりこの地域を盛り上げたいという地元有志がゲリラ的に始め、32年目を迎え500匹を超える鯉のぼりが加茂川河川敷の地面すれすれに吊るされてるので、日本国内でも珍しいさわれる、遊べる鯉のぼりです。 そんな加茂川の鯉のぼりをこれからもずっと守っていくため、『こいて』の売り上げの1部を加茂川に鯉のぼりを泳がせる会の活動資金として寄付していきます。 また、この地域の魅力発信基地となるべく、地域の名産品販売や情報を紹介していきます。 気軽に休めるフリースペースもあるのでお近くに起こしの際はぜひお立ち寄りください。
※『こいて』とは加茂方言で「こっちにこいて」=「こっちにおいで」という意味

「加茂川に鯉のぼりを泳がせる会」
のサイトはこちら

コンセプト

カード画像のキャプション1

加茂の文化を

守りたい

加茂川鯉のぼりを32年前に始めたメンバーも80歳を超え、次世代に引き継ぐにあたり、鯉のぼりの寄付の数の減少、ワイヤーの取り扱う技術力の低下などにより外注作業が増えてきているため、今まで通りの予算で加茂川に鯉のぼりを泳がせることが困難になっています。
そのためこれからもずっと加茂川に鯉のぼりを泳がせるため、加茂川に鯉のぼりを泳がせる会がしっかりと事業基盤を持つために『こいて』でオリジナルグッズの販売等を通じ『こいて』の収益の一部を運営資金にしていきます。
また、加茂川鯉のぼり以外にも加茂の素敵な歴史や文化を守るため、全力で応援していきます!!

カード画像のキャプション2

加茂の魅力を

発信したい

加茂には鯉のぼり以外にもたくさんの魅力溢れる歴史、文化、会社、商品があります。もちろん魅力的な素晴らしい人もたくさんいます。
加茂川鯉のぼりを通じて加茂に興味を持ってくださった人たちに鯉のぼり以外のこの素晴らしい地域の魅力を知って頂きたく、『こいて』では2階フリースペースや1階のみやげものコーナーでこの地域の魅力に触れる設えをご用意しおります。『こいて』に来るときっと加茂のファンになってもらえるはずです♪

カード画像のキャプション3

加茂の新たな

可能性を作りたい

『こいて』には毎日学生からおじいちゃん、おばあちゃん達まで幅広い年代の方が遊びに来てくれます。 その人や情報の出会いの中から、新しい企画やビジネスが生まれたりしています。 人は人によって磨かれます。
「何か面白いことしたい」「悩んでいて先に進めない」など今の現状に不満がある人はぜひお立ち寄りください! きっと新たな自分の可能性に出会えるかも♪

店舗情報

店舗名
  • こいて
所在地
  • 〒959-1371
  • 新潟県加茂市穀町9-8 水田屋ビル 1階
営業時間
  • 10:30~15:30
定休日 毎週木曜日
お問い合わせ メールアドレス:contact@koite-kamogawakoinobori.com
電話番号 0256-64-7881